読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EFL Club ブログ

English school for children and young adults in Sapporo

幼児コース『サングレード』『ウォーターグレード』のご紹介

以前ご紹介した『レインボー』グレードに続き、今日は5~6歳の子たちの『サン』グレード、そして6歳の子たちの『ウォーター』グレードをご紹介したいと思います。 今日の『サン』グレード。男クラです! でもけして男くさい感じではなく笑、ゲームはエキ…

私の日本語学院での経験

前回の続きです。 生徒さんたちと話をしていると、まだあまり自信を持てていない生徒さんたちの中には「ノージャパニーズ」を言われることを嫌がる子もいます。その子たちに「友達と話す時に英語で話したら?」と言ったら、「英語はそんなに話せない」と答え…

幼児コース『レインボーグレード』のご紹介!

今日は4~6歳の子どもたちの『幼児コース』を一部ご紹介します。 幼児コースは乳児コースと違い、保護者の方は通常レッスンに一緒にお入りいただくことができません。年少さんの子たちにとって、年度の最初は初めて1人で教室に入る試練の時となります。 …

よくあるミス〜間違いは気にしない〜

こんにちは。Jackです。 今日は、日本語の勉強を通して私が感じていることをお話ししたいと思います。 「日本語は難しいですか?」…日本語を勉強し始めた頃からよく聞かれます。他の言語と同じように、日本語にも難しいところと簡単なところがあります。 日…

ローラ流 旅のススメ

¡Hóla!(オラ) ¿Cómo estás?(コモ エスタス) 皆さん、こんにちは!いかがお過ごしでしょうか。 もうすっかり寒いですね。今年の夏はどのような思い出を作りましたか? 私はこの夏スペインに滞在してきました。8月のスペインの気温は、毎日40度前後。日…

ネイティブの英語×50分間×週1回=?③

前回、前々回と続いた、乳児コースのご紹介の最終回です。 ここまでお読みいただいてありがとうございました! もう少しお付き合いくださいね。 さあ、なんの写真でしょうか? どのグレードでも、歌と踊りがたくさんあります! 乳児コースの真ん中のグレード…

ネイティブの英語×50分間×週1回=?②

前回に引き続き、乳児コースのご紹介です。 今日はもう少しお写真を紹介しますね。 前回のお写真はすべて、乳児コースの中でも一番小さな子たちの『フラワークラス』というグレードで、0歳~1歳半までのお子様のクラスです。まだ歩けない子が多いので、主…

ネイティブの英語×50分間×週1回=?

もう今日から9月なのに、暑い日が続く今日この頃ですね。皆様体調崩されたりしていませんか? スクールに足を運んでくれる乳児コースのお母さん達は、抱っこした赤ちゃんとピッタリくっついていて朝から汗だく…。 でもレッスンが始まれば、皆さんはりきって…

奥行きの奥深さ

突然ですが… จ๊ะเอ๋ …読める方いらっしゃいますか?これ、タイ語で「ジャッエー」と読みます。 「えへ、来ちゃった!」という意味だそうです。これ、赤ちゃんに対しても使うのですが、どのような意味で使う言葉だと思いますか? 他の言語でもご紹介してみま…

やはり小学生の聞く能力は高い!

小学生コースはレベル1からレベル6に分けられていますが、レベル1からレベル4までのグレードでは、スクール独自のカリキュラムに沿って勉強しています。レッスンで勉強した内容を復習するために、定期的に宿題を出しています。上のグレードに上がると読…

ワッジ

スクールの朝は、レッスンの前に乳児コースのお子さん達が先生達とおもちゃで遊ぶ、かわいらしいひとときから始まります その日もいつも通りの朝でした。 先生達はもちろん英語で話しかけながら遊ぶのですが、朝イチの赤ちゃん達はいまいちエンジンがかかり…

JALT(全国語学教育学会)プレゼンテーション報告

11月21日(土)に静岡で小学生対象の読み書きプログラムに関しての講演を行いました。 会場では私の他にも大学教授などによる講演が多数行われていましたが、その中で私の講演では26名の全国の英会話スクールのオーナーや先生方、大学教授の方々が参加…

英語習得の4つの柱:流暢さの促進

<英語習得の4つの柱:言語学習>のブログで単語や文法などをしっかり学ぶ必要があると述べましたが、4スキル(聞き・話し・読み・書き)における流暢さを身につけることもとても大切です。 一般的に英語の単語と文型をたくさん勉強した後に流暢さを高める…

英語習得の4つの柱:言語学習

「中学高校で6年間英語を習ったのに英語が話せない」や「ネーティブスピーカーにずっと教えてもらっているけど、大人の世界に通用できる英語を覚えていないし、もうすぐ中学校で英語の成績も心配」といった意見をよく聞きます。もちろん、生徒さんの能力や…

アメリカンイングリッシュ?ブリティッシュイングリッシュ?

英語を習うならアメリカンイングリッシュがいいという方が時々いますが、そこまで気にする必要はありません。アメリカンイングリッシュの元となるのがブリティッシュイングリッシュなので、文法はほぼ同じです。アメリカンイングリッシュとブリティッシュイ…

私と日本語:ステージ3

<私と日本語:ステージ2>の続き オーストラリアで次女が生まれて、4ヶ月間は家族4人で幸せに過ごしましたが、突然次女がけいれんを起こし初めました。病院で脳波、MRI、PETスキャンなど色々検査をした結果、ウェスト症候群だと診断されました。日本でレ…

私と日本語:ステージ2

<私と日本語:ステージ1>の続き 叔父が名古屋にある会社と取引をしていましたので、その社長の家でホームスティをすることになりました。ホームスティの家族は社長、奥さん、私と同年齢の娘さんとおばあちゃんの4人と犬2匹でした(残念ながらその一匹も…

私と日本語:ステージ1

7年生(中学校1年生に当たる)から日本語を学校で習い始めました。当時オーストラリアの学生は、フランス語、ドイツ語など、ヨーロッパの言語を勉強していましたが、私の学校は先頭を切って日本語をカリキュラムに取り入れました。7年生の時は日本語とフ…