読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EFL Club ブログ

English school for children and young adults in Sapporo

バイリンガル − 日本語と英語

元スタッフMayuのブログ~ニセコより愛をこめて~

こちらニセコではたくさんの外国人スキー客を町の至るところで見かけます。

こちらで在住している外国人と日本人夫婦はたくさんいて、大部分の方は外国人スキー客をターゲットにしたお仕事をしています。小さなコミュニティなのでみんなすぐに知り合い同士になったりします😁

なので子供達の友人の大半は国際結婚家庭のお子さんたちで、お父さんたちが外国人、お母さんたちが日本人と我が家と似たような環境の中で育っています。

 

集まったらよく話題にあがるのが、どうしたらバイリンガルの子供に育てるかということです。お父さんとは英語で会話する家庭がほとんどですが、1日の中で一緒に過ごす時間の大半がお母さん。お母さんも英語が話せるけれど、家での会話はつい日本語になってしまうそうです。お母さんと英語を話している家庭は知り合いの中では1/4くらいで少ないです。ハーフの子供達を持つ親も、どうやってバイリンガルに育てたらよいのだろうと悩んでいる方たちが多いと思います。

 

我が家では基本的に娘が3歳すぎまでは家で英語での会話でした。EFLでの経験から、3歳くらいになるとお母さんは日本語を話すのになぜ英語で話すの?と言われると覚悟していたので、できるだけ頑張っていました。

 

 やはり3歳すぎで幼稚園に入ってからは日本語もかなり伸びて、どうして英語を話さなきゃいけないのと強気な態度です(笑)。しまいには日本語の不得意なお父さんとも日本語で話しています。

 

4才になり更に複雑な日本語を話すようになり、お父さんは彼女の話す日本語についていけず度々私を介しての会話になってきました。

 

生後2カ月からEFLに通っている4歳の娘。お父さんには日本語で話すのに、おもしろいことに、EFLでは英語のみでの参加ということを意識付けられていて、本人もその中で楽しんでいるようです(家の中では嫌がるのに!)。

 

以前に、EFL 校長のローラ先生から、「パッシブ・バイリンガル」ということについて聞いた事があり、それは子どもに無理に英語を話させるのではなくて、お父さん、お母さんがそれぞれ母国語で話しかけることを習慣にすれば、かなり理解力が身について、後に本人が必要性を感じた時に話し出す、というものでした。そのことを信じ、また英語を話す環境の提供するため、EFLに通わせています。😊

 

何歳まで通い続けられるかはわかりませんが、今大切なのは「英語が話せると楽しいことがいっぱいある」ということをわからせることかなと思います。

 

雪遊び中で大はしゃぎ中!

f:id:eflclub:20160213154322j:plain