EFL Club ブログ

English school for children and young adults in Sapporo

Textbook author visit ~テキストの著者、来校!~

(ジャック先生が書いた英語の原文が末尾に載っていますので、どうぞお読みください。)

 

数か月前のことになりますが、中学生以上のコース『ゲートウェイコース』のレッスンで私たちが使っている『ファーストハンド』というテキストの著者の1人であるJohn Wiltshire氏にご来校いただく機会がありました。そして幸運にも、そのテキストを使ってペアワークをするガンマクラスを見学していただいたので、今日はその日のことを書こうと思います。

 

そのクラスには生徒さんが3人いるので、いつもならペアを作るために先生が4人目になるのですが、その日はWiltshre氏自身に4人目となってもらい、自分で作ったアクティビティに参加してもらいました。

 

f:id:eflclub:20180320145446j:plain

 

そのテキストを作った人を実際に目の前にし、その教科書の概念を教師がどのように実践していくかを見てもらう。それは生徒さんたちにとってもそうですが、教師である私たちにとっても非常に緊張する経験で、様々な思いがよぎりました。私の教授法は著者の意図するものに合っているのか、題材の目的は正しく理解できているか、生徒さんが理解できるように説明できているのか。そして、このようなプレッシャーの中で生徒さんたちはいつも通り上手に取り組めるだろうか、またこのようなめったにない経験は彼らにとって価値のあるものとなるだろうか…。

 

幸い、このような心配は必要なかったようです。レッスンが始まると、生徒さんたちの笑顔に勇気づけられてペースをつかみ、いつもと同じように自信を持ってレッスンを行うことができました。導入に軽いウォームアップと会話をしたところで、私は今日のゲストとその日のトピックを紹介し、アクティビティを始めました。ペアになって会話を始めると、緊張は消え失せ、彼らはいつもの能力を発揮し始めました。

 

f:id:eflclub:20180320145515j:plain

 

f:id:eflclub:20180320145533j:plain

 

ゲートウェイコースでは、実践的で自然なリスニングの実力を身につける練習をたくさん行います。特に『listen and reconstruct』という活動は、キーワードや文の構造などを注意深く集中して聞き取るための、非常に良い練習となります。生徒さんたちは聞き取った表現をもとに、パッと聞いただけでは聞き取れなかった部分の意味も推測できるようになります。このような活動を通して、彼らのスキルは見事に改善されていきます。Wiltshire氏とペアを組んだ生徒さんは、聞き慣れないはずの彼の声や話し方にあっという間に適応して正しく聞き取り、自分が問われている質問をきちんと理解しました。そこでWiltshire氏はテキストに出てくるものとは質問の順番を変えて彼女に問題を出しましたが、彼女はそれらを聞き取ってすぐに、テキストの順番とは違うものが出題されていると理解して対応していました。

 

私はもう一方のグループを見て回っていたのですが、彼らは慣れてくるとスピードアップをはかり、正確な質問と簡潔な回答、というアクティビティの流れをこなしていました。ガンマレベルの生徒さんには、クエスチョンに対する答えにもう少し情報を付け加えるよう求めていますが、このペアはそれを上手に実施していました。教科書には、この質問に対してこういうふうに答えるとより詳しい内容を伝えられるよ、というお手本が載っていますが、この2人はそのようなあらゆる情報を駆使し、私が予測していたよりも速くアクティビティを終わらせていました。

 

f:id:eflclub:20180320145559j:plain

 

結果的に、この経験はとても有意義なものだったと言えます。自分が作ったFirst handというテキストを❝first-hand;直に❞経験したWiltshire氏にとってだけではなく、初対面の方と英語でお話しする機会を得て、しかも自分たちがつけてきた実力を立派に示した生徒さんたちにとってもです。

 

レッスンが終わった後、私はこのレッスンに参加した生徒さんたちの頑張りに心から感謝しました。またゲートウェイコースのすべての生徒さんたちに対しても同じ気持ちです。ゲートウェイコースの導入グレードであるアルファから、現在設置されている中の最高グレードであるエプシロンやズィータに至るまでの、中学生や高校生の生徒さんたち。私は彼らが、小学生コースや学校の英語の授業で身に着けたスキルをさらに上達させるのを目の当たりにしています。そしてさらに彼らは、それらの力を、自分の考えや感情をネイティブの方と伝えあうための実践力にまで発展させているのです。彼らは世界中の何百万という人たちと考えを語り交換する能力を身につけています。それはEFLで過ごした時間や先生やスタッフのおかげでもあり、また非常に有効な教材を作製してくれているWiltshire氏のような方たちの取り組みのおかげでもあります。しかし一番は、レッスン中にベストを尽くそうと努力し、笑顔でチャレンジし続けている自分自身のおかげなのです。

 

自分に感謝しようね。みんなありがとう。

 

 

 

Several months ago, we were fortunate enough to be visited by one of the authors of the English Firsthand textbooks, John Wiltshire. As part of his visit, he was invited to observe a Gamma class where we would use the pairwork part of the textbook.

 

The class in question has three students, so in order to make pairs it is common for the teacher to stand in as the 4th member. However in this situation, I opted to have our visitor Mr Wiltshire step into the students’ shoes and participate in an activity from his own textbook.

 

For many students and teachers alike this would be a nerve wracking experience - to have the author of the book you work from see how you implement their ideas. Does the way I run my class match how the authors imagined it to work? Have I correctly understood the purpose of the material? Will I be able to explain it in a way that the students can understand? Will the students be able to perform with such pressure? Will they find the experience valuable?

 

Fortunately it seems such worries were unnecessary. As the class started, the broad smiles of my students encouraged me to hit my stride, to run the class as I have a hundred times before. After some warm-up questions and small talk, I introduced our guest and the topic for the day, and walked the students through the activity. Once they started to ask each other the questions in the book, tensions started to dissipate, and my students showed all of us their abilities.

 

In the Gateway course, we spend a lot of time practising realistic and natural listening comprehension skills. Activities such as listen and reconstruct amongst others serve to encourage students to listen carefully and diligently for key words and structures, before using that information to infer the meanings of any parts they couldn’t immediately grasp. At times like this, those skills really prove their worth. The student who was paired with Mr Wiltshire was able to quickly adjust to his voice and his way of speaking, and understand the questions she was being asked. Our guest chose to ask questions from the book in a different order to how they were written, but my student could hear that what she was being asked didn’t match the question she was looking at in the book and could quickly adapt.

 

I circulated to the other group, the pair of students working between themselves. Having become accustomed to this type of activity, they were moving ahead fast with accurate questions and concise answers. At Gamma level, students are expected to add details to answers they give, and this pair were doing a great job of it. The textbook provided some extra details for each question/answer combination, and with some simple sentences both students were able to convey all of the available information and finish the activity faster than I had anticipated.

 

Overall, the experience was hugely useful, not only for Mr Wiltshire who got to experience his Firsthand textbook first-hand (haha!), but for my students who were able to talk with someone new and interesting, and to demonstrate their skills for all to see.

 

After the class I was able to thank the students of the class for giving it their all. I would like to extend the same thanks to all of our Gateway students. From Alpha all the way through to Epsilon and Zeta, I get to see our JHS and SHS students develop the skills they learned in FDC and in their own school classes into skills they can use to communicate with real people in terms of real ideas and real feelings. They have the ability to talk and exchange concepts with literally millions of people worldwide, thanks in part to their time at EFL and the work of our teachers and staff, thanks in part to the work of people like Mr Wiltshire who create accessible and successful materials for classes, but thanks most of all to our students for trying their best in class, and meeting every challenge with a smile.

 

Thank you all.