EFL Club ブログ

English school for children and young adults in Sapporo

The Role of the General Knowledge Quiz ~一般常識クイズの良いところ~

ゲートウェイコース(中学生以上のコース)で行うアクティビティの中で人気があるものの1つに、『一般知識クイズ』というものがあります。やり方は色々あるのですが、目指すところは同じです。音楽や科学、歴史などといった分野から、英語でクエスチョンが出題され、生徒さんたちはそれに答えていきます。

f:id:eflclub:20180421124159j:plain

こういったクイズは何のためにやるのですか?この学習目標は何なのですか?と聞かれることがあります。このアクティビティが持つ効力を知るためには、クエスチョンの英語にではなく、生徒さんたちの思考の過程に注目する必要があります。

f:id:eflclub:20180421124235j:plain

このクイズを通して、彼らはたくさんの質問形式に出会います。「どの人が…」、「何年に…」、「何人の人が…」、「どこで起こったのか」などなどです。どのような質問がされても、彼らはリスニング能力や単語の知識をフル活用して、鍵となる表現を特定し理解します。たとえば、“In what year did the first aeroplane fly?”. (飛行機が初めて飛んだのは何年のことでしょうか)という質問に対し、彼らは「何年」「初めて」「飛行機」「飛ぶ」という単語を拾い上げることができます。そして多くの生徒がこの質問にきちんと答えることができるのです。

f:id:eflclub:20180421124257j:plain

この過程の中で、このようなことを聞くとき、what year という表現を in という前置詞と一緒に使うんだとか、歴史に関する質問では did や was を使うんだなとか、飛行機は plane とも言うし aeroplane とも airplane とも言うんだなと気づきますね。たくさんの質問やクイズに触れているうちに、たとえ一語一句全てを聞けていなかったとしても、何を聞かれているのかを直感で理解し、様々な頻出表現や地域による表現の違いなを理解しながら、質問に対する答え以外の部分から得る情報や知識を、生徒さん達はゆっくりと蓄積させているのです。  

f:id:eflclub:20180421124701j:plain

これがこの『一般知識クイズ』の利点です。世界や歴史などについて新しい知識が増えればラッキーくらいな感じで、それよりもクエスチョンに対する自分の解釈が正しくなかったと、楽しいゲームの中で気付くことができるというのが、このクイズのとても良いところなのです。この考え方こそが、ゲートウェイコースの最も重要な柱だと言えます。言語を学びスキルをあげるための最も自然で得策だと言える方法は、とにかく練習をすること、そしてコミュニケーションをとるために自分で間違いを正せるようになることの重要性を知ることです。そうすると自分が興味を持っている分野について人と英語で議論したり本で調べたりして、知識を増やせるようになっていきます

 

 

Among all of the activities we use in Gateway classes, one is often particularly well received - the general knowledge quiz. There are many variations in how the activity is used, but ultimately the core is the same. Students are asked a variety of questions about topics such as music, science and history through English questions.

 

One might ask, what is the purpose of doing such a quiz? What is the learning objective? To realise the power of the activity, we have to look not at the language of the question, but at the thought process of the contestant.

 

Throughout the quiz, students are faced with a multitude of question types and formats. “Which member of~”, “In what year~”, “How many people~”, “Where did ~ happen?”... the list goes on. Our students tend to have both the listening ability and vocabulary knowledge to identify and understand the key words in any given question, for example: “In what year did the first aeroplane fly?”. Students here can pick out the words “what”, “year”, “first”, “plane” and “fly”, and for many students that is more than enough to answer the question.

 

In the process they have also found that “what year” and “in” occur together in this kind of question, that all history questions tend to use “did” or “was”, and sometimes “planes” are “aeroplanes” or “airplanes”. This extra information slowly accumulates over many questions and many quizzes, to the extent that students intuitively understand the nature of questions without listening so intently, and understand a greater variety of common words and regional variations.

 

This is the true value of the general knowledge quiz. It is a bonus if students can learn something new about the world or about history, but the real value comes from noticing where your own understanding of the question doesn’t match up with the correct interpretation in a natural and fun way, and this in itself represents one of the most important tenets of the Gateway course. The most natural and expedient way to learn a language and improve your skills is to practise and to notice when there is an issue such that you can fix it yourself in order to communicate, and in turn understand that communication unlocks access to ideas and knowledge you find interesting.